41週3日陣痛促進剤で初出産!陣痛促進アロマと陣痛の痛みはあの…

前回の記事(40週5日の検診後)の翌日の検診。

41週でのNSTモニターは異常もなく、
子宮口も開いていない状態。
お産の兆候が見えないとのことでやはり、
陣痛促進剤投与のため入院となりました。

でそんな、お腹の中大好きな娘とのご対面は…
なんと41週3日!!
陣痛促進剤投与3日目のことでした!!!
まあおかげさまで3,300グラムのおっきな女の子に。
産後も大きいまま、すくすくと育っております。

そんな出産後の初記事。
陣痛促進剤での出産はどんな感じか?
お産への動きがなくて不安だった私を救ってくれた
アロマについても書いておきます。

予定日超過で不安な方の参考になれれば幸いです。

予定日超過陣痛促進剤。陣痛を呼び起こしたのは?

私が出産する病院では予定日超過の出産リスクを減らすため、
41週になったら陣痛促進剤投与のため入院。

3日間の日中に投与し続けて産まれない場合は、
帝王切開になるとのことでした。

入院は41週1日目。
お昼に入院して、その日は病院でまったりと。

翌日から3日間、
陣痛促進剤投与となりました。

促進剤の投与は、9時~17時。子宮にバルーンも入れながら
少しずつ投与していく、とのことでした。

一日目は陣痛と言っても、
おしゃべりできるくらいの痛みでした。
今思えば陣痛とも呼べるものではなかったです。
バルーンも抜けきることはありませんでした。

とは言え、痛かっただけに出産に至らないことへの不安とか。
辛くなってダンナに泣きを入れます。。

クラリセージのアロマが陣痛促進剤効果があると
ネットで調べてくれた夫。
翌日買って陣痛室に持ってきてくれました。

すると驚くべき効果が!!

二日目はなんと、お昼位にバルーンが抜けました。
そして、前日よりも痛みが辛くなって…
本陣痛のように規則的に痛みも来るのですが、
そのまま終了の17時!出産には至りませんでした。

ところが二日目に関しては、
投与が終わった後も不定期ながら
陣痛のような痛みが続きます。
お通じ系の痛みのような…
ところがここ最近再び便秘になってるだし…
今思えば、これはいわゆる前駆陣痛ってやつ。
今までにはほとんど経験のない痛みでした。

そんな感じで真夜中に一人トイレでキバっていたら、
破水!!!
うん、破水ってすぐ分かりますね。
「小」のように陰部に力を入れても押さえられない!
そのままナースコールをして、助産師さんご到着。
子宮口を見たところ、まだまだかなーと様子見^^;

ところが夜中3時に腹痛がきつくなり、ナースコール連発。
この時にようやく、陣痛開始と言われました。
そこからお産まで約11時間。後で振り返ってみれば、
この時点の内診でいわゆる「お産開始」とされたようですね。

夫には一応連絡。念のため駆けつけてもらいました。
が、お産の兆候がないまま翌朝の診察を迎えます。

結論としては、破水による感染リスクを避けるため
すぐに出産したい。ところが陣痛が弱いため、
陣痛促進剤投与が決定!

あーこの陣痛とやらの腹痛も3日目なのね。。
あまり眠れていなかったのもあり、
何の地獄かと思いました(汗)

促進剤投与後も、一定の間隔で陣痛が押し寄せます。
時には大波のように痛さが押し寄せる。

この陣痛ってヤツ。最初は得体の知れない痛みだと思いました。
けれど違うよーこれ、みんな経験している痛み!

10日間便秘でお腹痛くって、出したいけど出せないような…
程度の差はあれ、明らかにお通じ系の痛みだと思いました。

早くいきみたい、けれどまだダメだって…
子宮口は5センチで、いきめるレベル(10センチ)の
半分にも満たないらしい。けれど激痛が辛くって…
いきみたいけどいきめない…
そんな過酷な数時間を過ごしました。

そして陣痛促進剤投与3日目のお昼頃、無事分娩室!
いきめるという快感が押し寄せ、
分娩室ではスピーディーにハイテンション!

何と、1時間で出産に至りました!経産婦並みだそうです。

出産自体に異常はなかったのですが、いかんせん3,300グラム。
大きいが故に出てくるのも大変だったようですね…

それだけに、娘との対面は本当に忘れられない。
かけがえのない思い出となりました。
そして、このお産に関わっていただいた全ての人に
感謝の気持ちでした。

予定日超過、陣痛促進のためできることまとめ

クラリセージアロマ、もっと早く買えばよかったです。
とは言え、この一人目出産記事は2年の時を経て
二人目出産(これまた予定日超過)の後に手直しをしています

二人目の時は予定日1週間前からクラリセージアロマを
クンクンしていましたが、お産が早まることはありませんでした。

今となって思うのは、やはり産み時ってのは
赤ちゃん自身が出る!と決めたタイミングなんじゃないかなーと。
特に私はお腹というか身体がデカイので(爆)、
赤ちゃんにとっては
「今すぐ出ないとーきつい!」
ってタイミングが遅いんじゃないかなー

で、陣痛促進という医療の力も必要だった。

クラリセージアロマは正直、補完というか願かけというか。
けれど香りはいいし、リラックス効果も見込めるので^^

陣痛促進には身体を動かすことも大切でしょうが、
ただでさえ重くなった身体に鞭打つのもストレス溜まります…
早く産んで楽になりたい!って思うでしょうし。

そんなストレス解消に一つ、エッセンスとして添えてみる。
もしその何千円でお産につながれば、陣痛促進入院代よりは
安く済むし、ラッキーくらいな気持ちで。

以上、一人目お産ダイジェストを39歳で二人目お産以降
手直しをしてまとめた記事でした♪
楽天市場でクラリセージのアロマを探す
Amazonでクラリセージアロマを探す

マタニティウエアっている?産後の授乳は?

「妊娠中は、ダンナのおっきな服(シャツ)でオッケーよ!!」

私もそう思っていましたが…
産後外出時の授乳で、困ることになりました。

シャツで授乳は簡単なんですが、丸見え…です。
授乳ケープも荷物が多い子育てママには、負担になる時も。

二人の子育てに奮闘している今だからこそ言える。
もっと早く買っていればよかった…

そんなマタニティウェア&授乳服についての
考察記事です。

マタニティウェア

関連記事

30週検診で逆子!逆子体操、鍼灸などの対策と効果(30w4D)

コーヒー大好き(中毒)妊婦のカフェインレス3大対策法(32w5d)